ライブ・コンサート会場のキャパ

明治神宮野球場のキャパはどれくらい?座席のレイアウトは?

神宮球場

明治神宮野球場といえば1926年にオープンした東京都新宿区にある野球場です。

プロ野球の本拠地としても使用されていますが、ライブ会場としても使用されておりライブに行く際にはキャパも気になるところだと思います。

明治神宮野球場のキャパがどれくらいなのか調べてみました。

ライブハウス支援をお願いします!

明治神宮野球場のキャパシティ

明治神宮野球場のキャパシティは35,000人です(ライブ時)

野球で使用される際のキャパは31,805人です。

※ライブの際はグラウンドにステージを作るため観客席に死角はできるもののアリーナ席が置かれるので、プロ野球の試合の観客数より多く入ります。

ライブの動員例

明治神宮野球場は3万人以上の集客が必須なので、明治神宮野球場で単独ライブが出来るのは人気アーティストのみといえるでしょう。

 

類似のライブ会場とのキャパの比較

比較する

横浜近辺で類似のライブ会場とのキャパの比較をしてみました。

会場のキャパ比較

東京ドーム(55,000人)>さいたまスーパーアリーナ(37,000人)≒明治神宮球場(35,000人)>横浜アリーナ(17,000人)

明治神宮野球場は東京都内内のライブ会場としては大規模クラスのキャパです。

関東で同クラスのライブ会場はさいたまスーパーアリーナ(3.7万人)や横浜スタジアム(3.2万人)があります。これより大きいライブになってくると5万人クラスの東京ドームなどが使われます。
明治神宮野球場では会場が大きすぎる場合はキャパ1.7万人の横浜アリーナなどが使用されますね。

座席のレイアウトについて

ライブで使用される座席は大まかにアリーナ席・スタンド席の2種類あります

会場の座席のレイアウトについては公式サイトに詳細が載っていますのでそちらをご覧ください。

明治神宮野球場 座席図(公式サイト)

スポンサーリンク

明治神宮野球場のライブ時の座席レイアウト例

乃木坂46 座席レイアウト(2019)

乃木坂46 座席レイアウト(2016)

乃木坂46 座席レイアウト(2015)

 

最前席はどれくらいあるの?

座席

バックスクリーン側にステージを設置する場合アリーナの最前席は220席程度です。 ただし花道や中央ステージが設置されている場合は全然違ってきます。

※明治神宮野球場はセンターステージがある場合も多くステージの組み方でかなり座席配置が変わってきます。

アリーナ中央付近も近くで見れるチャンスがあります。

 

明治神宮野球場のキャパまとめ

最後のまとめ

明治神宮野球場のキャパは35,000人です。

プロ野球の試合の場合はキャパ31,805人で、ライブの際の動員は通常30,000~35,000人程度になっていることが多いです。

明治神宮野球場でのライブに行かれる方は楽しんできてくださいね。

明治神宮野球場の基本データ

明治神宮野球場 概要

  • 住所:東京都新宿区霞ヶ丘町3−1
  • アクセス:東京メトロ銀座線「外苑前」駅より 徒歩約5分
  • 収容人数:31,805人
  • 駐車場:あり
  • ホームページ:明治神宮野球場
  • 座席表:明治神宮野球場 座席表
  • 周辺地図:

-ライブ・コンサート会場のキャパ
-, ,

© 2020 フェスセト!