ライブ・コンサート会場のキャパ

Zepp Hanedaのキャパはどれくらい?座席のレイアウトは?

ライブ風景

Zepp Hanedaといえば2020年に東京羽田にオープン予定の大規模ライブ会場です。

スタンディングメインのライブ会場としては関東でも最大クラスの会場で、ライブに行く際にはキャパも気になるところだと思います。

Zepp Hanedaのキャパがどれくらいなのか、また座席ありの場合はどうなのかも調べてみました。

ライブハウス支援をお願いします!

Zepp Hanedaのキャパシティ

Zepp Hanedaのキャパシティはスタンディングの場合3000人(予定)です。

Zepp Tokyoのキャパがスタンディングの場合は1階が2,416人、2階が293人(座席200人、スタンディング93人)の合計2,709人で、椅子ありの場合は1階が1,000席、2階が200席の合計1,200席なので、それよりも若干キャパは多めの会場です。

 

類似のライブハウスとのキャパの比較

比較する

都内の類似のライブハウスとのキャパの比較をしてみました。

会場のキャパ比較

豊洲Pit(3,103人)>Zepp Haneda>(3,000人)>Zepp Tokyo(2,709人)>Zeppダイバーシティ(2,473人)≒新木場スタジオコースト(2,402人)

都内のライブハウスでは最大規模のキャパです。人数的には豊洲PitとZeppTokyoの間となっています。

スタンディングと椅子ありの場合のレイアウトパターン

似た構成であろうZepp Tokyoのスタンディングと席ありの場合の基本パターンはこのとおりです。

ZeppTokyo座席・スタンディング図(公式サイト)

最前はどれくらい入れる?

ライブ最前
最前はおそらく45~50人程度のスペースですね。

最前中央を狙うなら20番以内がチャンスです。

整理番号で75番位までの人なら確保出来る可能性がありますね。

Zepp Hanedaのキャパまとめ

Zepp Hanedaのキャパシティはスタンディングの場合3,000人です。

Zepp Hanedaでのライブに行かれる方は楽しんできてくださいね。

-ライブ・コンサート会場のキャパ
-, ,

© 2020 フェスセト!