ライブ・イベントのホテルの紹介などお役立ちサイト

フェスセト!

ライブ・コンサート会場のキャパ

代々木第一体育館のキャパはどれくらい?座席のレイアウトは?

代々木第一体育館

代々木第一体育館といえば東京を代表する大規模スポーツ施設で、コンサートの会場としても頻繁に使用されています。

2020年の東京オリンピックに向け、2019年11月まで大規模改修を行っていました。

ライブ会場としても多くのアーティストに使用されており、ライブに行く際にはキャパも気になるところだと思います。

代々木第一体育館のキャパがどれくらいなのか調べてみました。

代々木第一体育館のキャパシティ

代々木第一体育館のキャパシティは12,542人です。

内訳はスタンド席が8,636名、アリーナ席が4,124名、ロイヤルボックス席が34席、身障者席48席です。

ただしステージを設置したり見切れ席が発生したりするので、実際のライブでは10,000~12,000人あたりの動員ではないでしょうか。
 

類似のライブ会場とのキャパの比較

比較する

類似のライブ会場とのキャパの比較をしてみました。

会場のキャパ比較

さいたまスーパーアリーナ(37,000人)>横浜アリーナ(17,000人)≒幕張メッセ・国際展示場9-11ホール(15,000人)≒日本武道館(14,471人)>代々木第一体育館(12,542人)>東京国際フォーラム・ホールA(5,012人)

代々木第一体育館は東京内のライブ会場としては大規模クラスのキャパです。

同クラスのライブ会場となると幕張メッセ国際展示場9-11ホールや日本武道館などがあります。

関東でこれより大きいライブになってくると17,000人規模の横浜アリーナや30,000人以上のキャパを持つさいたまスーパーアリーナがよく使用されます。

逆に代々木第一体育館では会場が大きすぎる場合は5,000人クラスの東京国際フォーラムホールAや、スタンディングの場合は3,000人クラスの豊洲PITやZEPP東京などが使用されます。
 

代々木第一体育館の座席レイアウト・種類について

座席

ライブで使用される座席は大まかにアリーナ席・1階スタンド席、2階スタンド席の3種類あります。

1階部分 アリーナ席、スタンド席
2階部分 スタンド席

アリーナ席とスタンド席を合計して最大で12,542人です。
ただし先ほども言ったとおり、実際のライブでは10,000~12,000人の動員となるのではないでしょうか。。
ステージの設置状況にもよりますが、おそらくアリーナ席が3,000~3,500席、スタンド席が7,000~8,500席くらいの割合かと思われます。
アリーナの中心にステージがある場合は固定席をフルに使用できるのでもう少し比率が変わってくるでしょう。

代々木第一体育館 座席図(公式サイト)

 

最前席はどれくらいあるの?

基本パターンの配置の場合は最前席は60~70席です

代々木第一体育館は花道がある場合も多く想定されることから、その場合はステージの組み方でかなり座席配置が変わってきます。

花道やセンターステージがあるとガラッと神席が変わってきますね。

 

代々木第一体育館のキャパまとめ

代々木第一体育館のキャパは12,542人です。

ただし実際のライブの際の動員は10,000~12,000人とかなり幅があります。

代々木第一体育館でのライブに行かれる方は楽しんできてくださいね。

  • この記事を書いた人
はるまき

はるまき

関西在住の30代の邦ロック大好き人間。一番多いときで年に60回ライブに行っていました。ライブ遠征の経験もたっぷり!好きなバンドは10-FEETです。

-ライブ・コンサート会場のキャパ
-, , , ,

Copyright© フェスセト! , 2019 All Rights Reserved.