仙台Rensaのキャパはどれくらい?座席のレイアウトは?

2021-04-10

仙台Rensa

仙台Rensaは仙台市にある中規模ライブハウスで、2011年7月に仙台市青葉区にオープンしました。

スタンディングメインのライブ会場としては仙台市でも2番めに大きい会場で、ライブに行く際にはキャパも気になるところだと思います。

仙台Rensaのキャパがどれくらいなのか、また座席ありの場合はどうなのかも調べてみました
Apple Music

仙台Rensaのキャパシティ

仙台Rensaのキャパシティはスタンディングの場合700人、椅子ありの場合は250人です(公式サイトより)

1階のみの平坦なライブ会場で2階席はありません。

 

類似のライブハウスとのキャパの比較

比較する

宮城県内の類似のライブハウスとのキャパの比較をしてみました。

会場のキャパ比較

仙台GIGS(1,560)
仙台PIT(1,451人)
仙台Rensa(700人)
CLUB JUNK BOX仙台(450人)

仙台Rensaは宮城県のライブハウスでは2番めの規模のキャパです。

同クラスのスタンディングメインの会場はなく、宮城県でこれより大きいライブになってくると仙台PITや仙台GIGSといった1,500人規模のキャパを持つ会場がよく使用されています。

仙台Rensaでキャパが大きすぎる場合はキャパ450人のCLUB JUNK BOX仙台がよく使われています。

全国のライブ・コンサート会場のキャパまとめ

続きを見る

全国の会場キャパをまとめてますよ

 

スタンディングと椅子ありの場合のレイアウトパターン

スタンディングと席ありの場合の基本パターンはこのとおりです。

仙台Rensaスタンディング

仙台Rensa座席表

出展:仙台Rensa公式サイト

 

最前列はどれくらいの人数のスペースがある?

最前はおそらく25人程度のスペースです

最前中央を狙うなら7番以内がチャンスです。フロア前方の両端に柱があるので位置取りには注意です。

座席ありの場合は最前席は15席ほどになります。

<最前人数参考>

 

この投稿をInstagramで見る

 

GLIM SPANKYさん(@glimspanky)がシェアした投稿 -

整理番号の呼ばれ方は?

ライブによって違いますが、多いパターンとしては1桁台は1番、2番、3番と1人ずつ呼ばれることが多いです

11番以降は5人ずつ、番号が進むにつれて10人ずつ、20人ずつという風に1度に呼ばれる人数が増えていきます。

モッシュがあるようなライブの場合、前の方でも最前以外は激しく入れ替わりますので、100番を超えると整理番号でそこまで差はありません。

仙台Rensaのキャパまとめ

最後のまとめ

仙台Rensaのキャパはスタンディングの場合700人、椅子ありの場合は250人です。

仙台Rensaでのライブに行かれる方は楽しんでくださいね。

 

仙台Rensaの基本データ

会場名仙台Rensa
住所宮城県仙台市青葉区一番町四丁目9番18号 TICビル7F
電話番号022-713-0366
アクセス地下鉄 勾当台公園駅 南1出口から徒歩2分
収容人数700人
公式サイトhttp://www.rensa.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/Rensa_sendai
  • この記事を書いた人

はるまき

関西在住の30代の邦ロック大好きなライブ中毒者です。一番多いときで年に60回ライブ・フェスに行っていました。東京や他の地域にもライブ遠征をたくさんしているのでその経験を生かして記事を書いています。 一番好きなバンドは10-FEET、好きなフェスは京都大作戦です。

-ライブ・コンサート会場のキャパ