フェス服装

DEAD POP FESTiVALの服装はどのようなものがいい?おすすめを紹介!

DEAD POP FESTiVAL

DEAD POP FESTiVALは毎年6月下旬に神奈川県 東扇島東公園特設会場にて開催される大規模音楽フェスです。

皆さん開催を楽しみにしていると思いますが、”DEAD POP FESTiVAL”に行く際に気になるのが、どんな服装がいいのか?というところではないでしょうか。

そこでDEAD POP FESTiVALに行く人向けに服装についてまとめてみました。

 

DEAD POP FESTiVALの服装について

ライブ会場

会場までの移動の際の服装について

開催される6月下旬の川崎市の平均気温は、最高気温:25.5℃、最低気温:19.5℃くらいです。

6月下旬になってくると昼間は30℃を超える日も多く汗ばむことが多く上着はTシャツでも充分な時期です。

天気が悪くなければ動きやすい服装を選ぶといいでしょう

バンドTやフェスTなど会場内で着用する予定のシャツがあるのなら、着替える手間が省けるのであらかじめ着用しておくのがおすすめです。

会場内で不要な服については荷物と一緒に会場にあるクロークに預けておきましょう。

クロークとは

ライブ会場でコインロッカーの代わりに手荷物を預かってくれる場所のことです。

料金は500~1000円程度必要ですが、ライブ中に荷物を預けることができて会場内で身軽に楽しめます。

宿泊を予定していて荷物が多い人はぜひ利用しましょう。

会場での服装について

会場は東扇島東公園特設会場となっていて野外で行われます。そのため日差しがあればかなり暑いです。

会場内では上はフェスTや出演している推しのバンドのバンTなどTシャツ、下は動きやすい素材のパンツやレギンス、ハーフパンツという服装が多いですよ。

6月下旬になってくると昼間は30℃を超える日も多く汗ばむことが多い時期です。日差しがあれば上着はTシャツでも充分です。

ただし梅雨の時期なので雨が降ることも多いので、天気予報で雨の予報がある場合はレインコートを持っておきましょう。

靴はスニーカー一択です。とにかく履きなれていて動きやすいものがいいですね。

会場はスタンディングということもあり女性は踏まれると痛いサンダルやミュールは避け、ヒールのない靴を選びましょう。

あとは汗をかいたとき用のタオルと荷物を入れておく用のショルダーバッグくらいですね。

また日差しも強いので日焼け止めは必ず塗っておきましょう!帽子を被るのもおすすめですよ。

公式インスタグラムに載っている参加者の服装も参考にどうぞ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@deadpopfest_officialがシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

@deadpopfest_officialがシェアした投稿 -

DEAD POP FESTiVALに行く人向け服装まとめ

最後のまとめ

ここまでDEAD POP FESTiVALの服装についてまとめてみましたので、最後に箇条書きまとめてみました。

会場までの移動の際の服装

  • TシャツもしくはロンT
  • 動きやすいパンツ、レギンス、ハーフパンツ
  • スニーカー
  • リュックやキャリーバッグ(着替えなどを入れておく用)
  • ショルバーバッグなど小さいかばん(会場で持ち歩くもの入れておく用)

会場での服装

  • TシャツもしくはロンT
  • 動きやすいパンツ、レギンス、ハーフパンツ
  • スニーカー
  • ショルバーバッグなど小さいかばん(会場で持ち歩くもの入れておく用)
  • タオル
  • 帽子

以上です。ではDEAD POP FESTiVAL楽しんでくださいね。

-フェス服装
-

© 2020 フェスセト!