ライブ・コンサート会場のキャパ

横浜アリーナのキャパはどれくらい?座席のレイアウトは?

横浜アリーナは神奈川県横浜市にある多目的イベントホールで1989年にオープンしました。

ライブ会場としても多くのアーティストに使用されており、ライブに行く際にはキャパも気になるところだと思います。

横浜アリーナのキャパがどれくらいなのか調べてみました。

ライブハウス支援をお願いします!

横浜アリーナのキャパシティ

横浜アリーナのキャパシティは17,000人です。

横浜アリーナは使用する際に大きく分けて3つの座席パターンで利用されています。

アリーナ中央にステージを配置する中央パターンの場合がMAX17,000人です。

他には縦向きにステージが配置されているAパターンや、横向きにステージが配置されているBパターンがあります。

最も多いステージ構成がAパターンだと思いますが、その場合は10,0000~12,000人の動員となります。


出展:横浜アリーナ公式サイト

 

類似のライブ会場とのキャパの比較

類似のライブ会場とのキャパの比較をしてみました。

会場のキャパ比較

東京ドーム(55,000人)>さいたまスーパーアリーナ(37,000人)>横浜アリーナ(17,000人)>日本武道館(14,471人)>幕張メッセイベントホール(9,000人)>東京国際フォーラム・ホールA(5,012人)

横浜アリーナは関東のライブ会場としては有数のキャパを持つ会場です。

同クラスの会場は日本武道館になります。最大キャパは日本武道館より多いですが、実動員数ではそこまで変わりがありません。

これ以上キャパの会場となってくるとさいたまスーパーアリーナがよく使用されています。

逆に横浜アリーナでは会場が大きすぎる場合は幕張メッセイベントホールや東京国際フォーラム・ホールAなどが使用されることが多いです。

横浜アリーナの座席レイアウト・種類について

ライブで使用される座席は大まかに3種類あります。

1階席 センター席
2階席 アリーナ席
3階席 スタンド席

2階席と3階席を合計して11,000人、センター部分が5,000人台の座席数です。

他の会場でアリーナ部分と呼ばれる中央スペースの座席が「センター席」で、2階の座席が「アリーナ席」と呼ばれているので結構まぎらわしい呼ばれ方をしている会場です。

横浜アリーナ 座席図(公式サイト)

最前席はどれくらいあるの?

よく使用されるAパターンの配置の場合は最前席は約50席です

横浜アリーナはセンターステージがある場合も多くステージの組み方でかなり座席配置が変わってきます。

花道やセンターステージがあるとガラッと神席が変わってきますね。

 

横浜アリーナのキャパまとめ

横浜アリーナのキャパは17,000人です。

ただし実際のライブの際の動員は10,000~17,000人とかなり幅があります。

横浜アリーナでのライブに行かれる方は楽しんできてくださいね。

-ライブ・コンサート会場のキャパ
-, ,

© 2020 フェスセト!