大阪城音楽堂のキャパはどれくらい?座席のレイアウトは?

2021-07-10

大阪城音楽堂は大阪市中央区にある野外音楽堂で1982年にオープンしました。

よくライブで使用される会場で、ライブに行く際にはキャパも気になるところだと思います。

大阪城音楽堂のキャパがどれくらいなのか調べてみました。

大阪城音楽堂のキャパシティ

大阪城音楽堂のキャパシティは3,002人です。

座席が1945席、立ち見(芝生)が1,057人ですね

 

Apple Music

類似のライブ会場とのキャパの比較

関西の類似のライブ会場とのキャパの比較をしてみました。

会場のキャパ比較

大阪城ホール(16,000人)
ワールド記念ホール(8,000人)
大阪城音楽堂(3,002人)
Zepp Osaka Bayside(2,709人)
フェスティバルホール(2,700人)
Zeppなんば大阪(2,530人)

大阪城音楽堂は大阪府のライブ会場としては3,000人規模の中堅会場です。

大阪で同クラスのライブ会場となるとZepp Osaka Baysideやフェスティバルホールがあります。

関西でこれより大きいライブになってくるとワールド記念ホールや大阪城ホールなどが使われます。

逆に大阪城音楽堂では大きすぎる場合はなんばHatchやNHK大阪ホールが使用されることが多いです。

座席のレイアウトについて

会場の座席のレイアウトについては公式サイトに詳細が載っていますのでそちらをご覧ください。

大阪城音楽堂 座席図(公式サイト)

スポンサーリンク

<ライブ時の座席の様子>

 

最前席はどれくらいあるの?

最前列は58席です。

全体的に段差があるので後方でも比較的見やすい会場です。

 

大阪城音楽堂のキャパまとめ

大阪城音楽堂のキャパは3,002人です。

大阪城音楽堂でのライブに行かれる方は楽しんできてくださいね。

  • この記事を書いた人

はるまき

関西在住の30代の邦ロック大好きなライブ中毒者です。一番多いときで年に60回ライブ・フェスに行っていました。東京や他の地域にもライブ遠征をたくさんしているのでその経験を生かして記事を書いています。 一番好きなバンドは10-FEET、好きなフェスは京都大作戦です。

-ライブ・コンサート会場のキャパ