ライブ・イベントのホテルの紹介などお役立ちサイト

フェスセト!

フェス

フェスのキャンプにおすすめ!!テントなどのキャンピンググッズをレンタルしよう!

投稿日:2018-06-28 更新日:

フジロックやライジングサンなど、会場にテントを張る場所が併設されており、キャンプで夜を明かすというようなフェスも最近は増えてきています。

主要キャンプフェス一覧

☑北海道
【北海道】JOIN ALIVE [7月]
【北海道】RISING SUN ROCK FESTIVAL [8月]

☑東北
【宮城】ARABAKI ROCK FEST. [4月]

☑関東
【神奈川】BAYCAMP[9月]

☑北陸甲信越
【新潟】FUJI ROCK FESTIVAL[7月]

☑東海
【静岡】GO OUT JAMBOREE[4月]
【静岡】RAINBOW DISCO CLUB[4月]
【静岡】ap bank fes[7月]
【愛知】森、道、市場[5月]
【岐阜】中津川 THE SOLAR BUDOKAN[9月]
【静岡】朝霧JAM[10月]

☑関西
【京都】THE STAR FESTIVAL[5月]
【兵庫】GO OUT MUSIC CAMP[9月]

☑中国四国
【岡山】hoshioto[5月]
【山口】WILD BUNCH FEST.[8月]

☑九州沖縄
【沖縄】MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL[6月]

春から秋にかけて毎月のようにどこかでキャンプができる音楽フェスが行われています。

しかし、普段キャンプをしないような人にとっては、テントや寝袋などアウトドアグッズを一式揃えるには結構ハードルが高いのではないでしょうか。

また、キャンプ用品を一式揃えようとすると初期費用だけで10万円程度かかりますし、普段保管しておく場所も必要です。

そこでオススメなのがキャンプ用品一式をレンタルすることです。

 

キャンプフェスにはキャンピンググッズのレンタルがオススメ!

普段キャンプをしない人ならレンタルがお得!

キャンプ用品をレンタルするメリット

・道具一式揃える初期費用がいらない

・費用は人数割りするとリーズナブル

・道具の保管場所が必要ない

・食料品、消耗品以外の準備が必要ない

・会場で荷物の受け取り、返却の発送ができる

メリットをいろいろ挙げてみましたがどうでしょうか?こうして並べてみるとレンタルもいいんでないかなと思ってもらえたと思います。
そこでレンタルの検討するにあたって、次に私がオススメの業者さんを紹介したいと思います。

公式サイトのテントレンタルはココがダメ

公式サイトでテントのレンタルを行っているフェスがわりとありますが、あくまでテントのみの貸出なので、他のアウトドアグッズ(寝袋やランタン、その他キャンプ用品)が必要となってきます

 

アウトドアグッズのおすすめレンタルサイトはこれだ!

レンタルは「アウトドアギアレンタル そらのした」がオススメ!



「アウトドアギアレンタル そらのした」は、本格登山用品・キャンプ用品やフェス用品などのレンタルを行っている総合アウトドアレンタルショップです。

アウトドア初心者でもわかりやすいフェス用のキャンプセットが1万円台から用意されており人気です。人数割りにすると数千円でレンタルできるのでコスパも抜群です。

レンタル内容の紹介

①2人用キャンプセット

・2人で夏フェスセット(¥11,858~)

セット内容:テント・夏用寝袋×2個・シュラフマット×2枚・電池式小型ランタン・ヘッドライトの計7点セット。春・秋用のセットもあります。



 

②3~5人用キャンプセット

・みんなでキャンプセット4(¥15,638~)

セット内容:テント(4~5名向け)・テントマット・夏用寝袋×4個・電池式ランタンの計6点セットです。
人数に合わせて寝袋の数を追加できるのもいいですね。


 

③他にもいろんな便利用品がレンタルできます

・アウトドアワゴン(¥3,758~)

・チェアワンL(¥1,944~)


・みんなでバーベキューセット(¥7,538~)



フェスと言えばバーベキューということで、バーベキューセットも用意されています。
バーベキューグリル、テーブル、クーラーボックスがセットになっていて、お得なセットです。

 

実際にどれくらいの料金になるのか計算してみました

『アウトドアギアレンタル そらのした』さんで「みんなでキャンプセット4」を1泊2日レンタルした場合(フェス会場は関東の場合)

料金計算

レンタル料金:¥15,638 + 送料(往復):¥2,800
合計:¥18,438(約4,600円/1名)

注意

振込の場合は別途、保証金が5,000円必要となりますので注意が必要です。

※保証金は商品返却後に返金となります

利用期間に関しては、このように配送日も含めると、1泊2日のレンタルで実質3泊4日となります。

配送の期間等もあるので利用期間は問い合わせをしたときに相談するのがいいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

テント等のアウトドアグッズをレンタルする際の参考になったでしょうか?

もう一度キャンプ用品をレンタルするメリットをまとめると。

キャンプ用品をレンタルするメリット

・道具一式揃える初期費用がいらない

・費用は人数割りするとリーズナブル

・道具の保管場所が必要ない

・食料品、消耗品以外の準備が必要ない

・会場で荷物の受け取り、返却の発送ができる

「アウトドアギアレンタル そらのした」さんは下記のバナーよりサイトをチェックできますので、一度見てみてはいかがでしょうか?


  • この記事を書いた人
はるまき

はるまき

関西在住の30代の邦ロック大好き人間。一番多いときで年に60回ライブに行っていました。ライブ遠征の経験もたっぷり!好きなバンドは10-FEETです。

-フェス
-, , ,

Copyright© フェスセト! , 2019 All Rights Reserved.